DegoReco

でごのつづるレコメンド。レコード。おすすめと、記録。

ワークシェアと連携の力が鍛えられるハチャメチャ料理ゲー 【Overcooked】(オーバークック)

NintendoSwitchで配信されているゲーム「オーバークック」を夫婦で遊びました。

f:id:dego98:20180124150148j:plain

f:id:dego98:20180124180335j:plain

知るきっかけとなったのは、任天堂公式でゲーム紹介をする動画、ニャニャニャ!ネコマリオタイム。

 

 このゲームがまあほんとにおもしろかったので紹介します。

PC版、PS4版と様々な形態で配信されているようで、このスイッチ版はPC版(Steam版)で配信されたもの+追加コンテンツが含まれた完全版のようなものとなっています。 

どんなゲームか

 注文された料理をとにかく作っていくゲームです。

1〜4人プレイに対応していて、1人の場合は二人のシェフを切り替えて操作することとなります。

操作は簡単で、「移動する(ダッシュする)」「持つ・置く」「切る」のみ。

f:id:dego98:20180124180216j:plain

(ダッシュは下のボタンで出来ます。左のボタンだと何か喋るよ)

f:id:dego98:20180124150239j:plain

画面左上には現在のオーダー。

今出ている一番左のオーダーだと、「玉ねぎ3つ」を「煮込む」とあります。

このステージでは、右下の食材ストックから玉ねぎを出して、左下の包丁で切る。上の鍋に入れて、できあがったら皿に盛り付けて提供する。

ひたすらこんな料理提供を行うゲームです。時間内に出せた数でスコアを競います。

(簡単に見えますが、このステージにはギミックが隠されていて…途中から思うままに料理が進められなくなります)

f:id:dego98:20180124150159j:plain

獲得したスコアによって☆1つから☆3つまでの評価があります。各ステージで集める☆の累計でステージが解放されるので、ただクリアすればいいってだけではありません。

なにがおもしろいのか

コツコツ料理をして片付けていくおもしろさ

上の画像ではスープを作るために、同じ具材を3つ切って煮込むだけでしたが、「肉を切って焼いたもの」「レタスを切ったもの」「バンズ」を一つにまとめてハンバーガーを作るなど、複雑な料理も出てきます。頭がこんがらがりそうになりながら、それを手際よく作れたときが気持ちいい。

連携が決まる時の楽しさと、決まらない時のワチャワチャ感

切っている間は何もできないので、相方が切っている間に、食材出しをしたり、お皿を洗ったり、できあがった料理を持っていったり。この連携がきれいに決まると一気にテンションがあがります。アドレナリンがドバドバでる。

あと、ステージもおかしなこととなっていて

f:id:dego98:20180124150155j:plain

明らかにキッチンとしての設計がなされていないため、必然的に連携が必要となります。このステージでは、一定時間で右半分が隆起して、一時的に左→右への移動ができなくなります。そういったときは、右半分に残る人と、左半分に残る人の住み分けも必要に。このゲームでは衛生管理の概念がないため、右で出来上がったものを左に投げるなどもできます。(※リアルではやっちゃダメだよ!)

ギミックとの戦い

f:id:dego98:20180124150235j:plain

このステージでは、島と島を結ぶ通路が時間経過で沈んだり出たりするギミックがあり、火の海に落下するリスクや、そもそもステージ上を飛来する火の玉にあたるリスクがあります。(落ちたり火に当たったら数秒間ステージから消える)

火の玉が飛来するキッチンってなんなんだ。

f:id:dego98:20180124150152j:plain

このステージは足元も滑ることもあり、とにかくステージから落っこちてしまって、夫婦で大笑いしながら料理しました。爆笑してる間に、火に長時間かけた食材が発火してしまうことも。そんなときは置いてある消化器の出番。 

ただし、火はあっという間に燃え広がり…

f:id:dego98:20180124150145j:plain

f:id:dego98:20180124150248j:plain

こんなことになるので気を抜けません。

絶妙な難易度

メインストーリーのクリアももちろん、各ステージに設定された☆3つのクリアスコアは絶妙で、うまくできなかった!→次はこうしよう→うまくいったけどこれが課題だ!→じゃあこうしてみよう! のPDCAがめっちゃ回せます。最初はステージに翻弄されながら、最終的に☆3つを叩き出した時の達成感はたまりません。

一人プレイの場合は、二人のシェフをどう切り替えてタスクをこなすか、のマルチタスクの集中力を試され

二人プレイの場合はパートナーとの連携を試され

三人、四人の場合はそれぞれの分担をどう回すか(狭いステージもあるので、渋滞が起こることもある)が試されます。

人数に応じて必要なスコアが違うので、一度クリアした後も、違うペアや違う人数でやってみると、今までとは違う難しさや快感、ハプニングを味わえるかもしれません。

とにかく馬鹿みたいにおもしろい

馬鹿みたいなギミックに翻弄され、ハチャメチャな調理現場となりながらも、なんとかクリアした時の達成感や、思った通りにできなかったときの反省点探しや、もうハチャメチャすぎて笑ってしまうことも含めて、とてもやりがいのあるゲームでした。

メインストーリーで30ステージくらい?追加コンテンツで10ステージほどあり、対戦モードなんてのもあります。(1対1や、チーム戦もできる)

人がプレイしているのを見ているだけでもおもしろく、パーティゲームとしてももってこいだと思いますし、的確に料理を作っていく達成感ゲーとしても優れていると思います。

このボリュームとおもしろさで、スイッチ版だと2,150円。スイッチ1台で、コントローラー分けて二人プレイできるのでおすすめです!

 

マルチプレイだと、この動画がおもしろかったので紹介します。


#1【Overcooked】4人協力の料理ゲ-ムで仲がどんどん悪くなる【GameMarket】

うっかりシリーズ全部見てしまった。

ゴー☆ジャスの、仕切ってるように見えてたまにポンコツ化する場面や

なぎさまの破天荒っぷりと、最終的にちょっと成長していく様や

お侍ちゃんが結構冷静に場を見ることが出来ているかっこよさと、なぎさまと繰り広げるドタバタ劇と

おいちゃんがそんな3人の中で冷静にサササッと料理を完遂させていく華麗なプレイ

それぞれが見もので、めっちゃ楽しく見ることができました。スタッフさんたちが星を回収する番外編も見もの。