DegoReco

でごのつづるレコメンド。レコード。おすすめと、記録。

マリオ35で一位を取るために心がけてることメモ

マリオ35でそこそこの確率で一位が取れるようになってきました。てんでダメなときもあるけど、平均としては五位前後な気がします。

上には上がいるし、コイン獲得数で言えば全然下の方なのですが、「それなりに勝てる」私が心がけていることを書き留めておきます。

www.youtube.com

続きを読む

心の灯火を抱きしめて/「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」感想【ネタバレ】

鬼滅の刃は「遅ればせながらアニメをアマプラで見た勢」でした。原作は読んでおらず、タイムラインで原作を読んだ方々がざわついているのを見たり見ないふりをしたりしていた、そんな立ち位置だった私が映画を見た感想記事になります。

・「おもしろいと聞くなぁ」ということで入院中にアニメ1話を視聴してダメージを受けた。

・無事にアニメは完走した。内容というより、技の活き方やキャラの個性の出し方により私の中の「男の子」をいい感じに呼び覚まされ、また映像のクオリティに引き込まれた。

・タイムラインで原作を読んでいる方がざわつく様を見ていたので、ヒヤヒヤしながら劇場版を見ることになった。(今後それなりに悲しいことが起きるんだろうなと推測できるけど、具体的に誰がどうなるのかは知らない、という状況

金田一少年を読んでいたから「シャンデリアがやばい」という先入観を持ったままオペラ座の怪人を見た感覚に近い

 

※本記事は「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のネタバレがあります。また、原作の「今後」についてふんわりとだけ知って(しまって)いるので、まっっったく原作の情報を知らない方にとってはネタバレと思う部分があるかもしれません。 

f:id:dego98:20201021183209j:plain

続きを読む

一休のGo Toトラベル対応が丁寧だなぁという話と、地域共通クーポンって良いねという話

gotoトラベルがスタートしてから2ヶ月以上が経った。当初は様々な混乱があったりもしたが、今は地域共通クーポンなんていう追加要素も出てきている。

私はたまたま

  • 開始当初の旅行業者の体制も整ってない時
  • 旅行会社のシステムが整った後
  • 地域共通クーポン開始後

いずれのタイミングでも利用したので、記録として残しておこうと思う。最後には地域共通クーポンを使った話も書いているので、これから使うつもりの方の参考になれば。(Go Toイートについては全然活用してないので紹介しておりません。ご容赦を)

続きを読む

目的の共有と役割分担と連携と。チームワークで大事なことは『Unrailed!』で学べる(気がする)

最近unrailed!というゲームを購入しました。今まではsteamのみで、動画で楽しそうな様子を見て気になっていたんですよね。


【unrailed!】爆笑と喧嘩の連鎖が止まりません!ゴー☆ジャス鉄道部、発車オーライ!【打倒たちアカ546m!!】

ついにスイッチにも登場!ということで早速ダウンロードしました。

 

続きを読む

現場も自分たちの足も引っ張ってしまう管理部門発の運用ルールを防ぎたい

「トラブルを防ぐために施した施策や運用ルール」が手間すぎて、新たな問題を発生させている。

…といったことを、管理部門で働いている中で何度か見てきた。入社したら既にそういったことが複雑に絡まり合っていたり、上の方で勝手に決まったり、そうなるのを止められなかったり、気づけば私もやってしまったり。反省することも多々あるが、一度書き留めておこうと思う。

f:id:dego98:20201008115549p:plain

続きを読む

Overcooked2(オーバークック2)無料アップデート「Moon Harvest(お月見)」追加!

f:id:dego98:20201002131835j:plain

オーバークック2、季節のアップデート「お月見」が10月1日に配信されました。
PS5とxboxで1と2の完全版を同梱した新作を控えているので、これでオーバークック2が完成したのかな?という感じがします。

f:id:dego98:20201002131840j:plain

季節のアップデートのエリアはこれでコンプリート

www.youtube.com

今までDLC関係で書いた記事

キッチンを守る新しいモードが追加!オーバークック2「飢えて怒れる大群の夜」

Overcooked2(オーバークック2)追加コンテンツ「カオスカーニバル」が追加されたぞ!

Overcooked2(オーバークック2)無料アップデート「ウィンターワンダーランド」が追加されたぞ!

Overcooked2(オーバークック2)無料アップデート「春節」が追加されました。

Overcooked2(オーバークック2)無料アップデート「Sun’s Out Buns Out」追加!

続きを読む

「リモートワーク」を悪者にせず、「働き方」を見直すきっかけに。/「会社には行かない」感想

「リモートワークでは空気感が共有できない」

「リモートワークではクリエイティブな仕事ができない。一人で完結できる仕事をしてもらうしかなく、なんならそれは業務委託でも良い気がする」

「リモートワークが進むと、労務管理場に社員にGPSを持たせないといけない」 

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が進む頃、今後の方向性を考えていたときの上司の発言に首をかしげることが多くあった。これらの決めつけはどういったところからくるのか。見ている視点が違いすぎるな…と今思い返すだけでスッと感情が冷えてしまう。

急ごしらえの在宅勤務で様々な弊害に遭遇することはあったが、在宅勤務も併用する形で事業運営をしていこうと経営判断がなされたはずだった。

…そうなっていてもなお、「在宅ではクリエイティブな議論ができない」「在宅では社員の様子がわからない」と、やってもいないのに決めつけられてしまう。他社がリモート状況でもうまくいってる事例を知っているからこそ、やってもないのに決めつけられるのが尚更もやもやする。(他社のやり方をそっくりそのままやればいいわけではないが)

こちらがいくらテキストのコミュニケーションを増やそうとしても、いわゆる他社事例を研究して提案したとしても、そもそもの「働き方」の土壌をアップデートしてくれない限り、新たなステージに立つことはできないのかもしれない。

 

そのアップデートを提案してくれるのが今回紹介する本、「会社には行かない」だ。
株式会社キャスターは全員がフルリモートで働く会社だ。その経験から気づいたこと、必要なこと、冒頭に書いたような「誤解」を説くような内容となっている。

続きを読む