DegoReco

でごのつづるレコメンド。レコード。おすすめと、記録。

京都・河原町近く 御幸町通四条で日本酒の店をハシゴ旅

京都は四条烏丸四条河原町の間に通る賑やか街、四条通り。

新京極や寺町通錦市場木屋町先斗町と賑わう京都の飲み屋街。

好きなお店は多々ありますが、この度は四条烏丸四条河原町の真ん中くらい、御幸町通にある、おいしく日本酒が飲めるお店に足を運んでまいりました。

 

 

一軒目は御幸町 onoさん

tabelog.com

 

f:id:dego98:20160508121644j:plain

2016年5月現在で、開店祝いが飾られているので比較的新しいお店です。

テーブルが数席と、カウンター席があるこぢんまりした佇まい。

f:id:dego98:20160508121642j:plain

目を引く日本酒のお手軽さ。今の御時世で獺祭を半合500円で出す店は少ない印象があります。

f:id:dego98:20160508121641j:plain

他にも日本酒は全国各地から多く取り揃えており、どれも半合500円、1号800円。おちょこを選べるのもイイですね。個人的には天吹が2酒類もあることや、滋賀のお酒が松の司、萩の露を置いてるあたりがシブかったです。

f:id:dego98:20160508121640j:plain

八海山や黒龍、東洋美人あたりの、私が比較的日本酒に慣れてない人にもオススメしやすい銘柄が揃っているのもポイント。

食事は上記のオススメにあったようなおでんと、

f:id:dego98:20160508121643j:plain

しらすと春キャベツのサラダや、白えびの天ぷらなど、野菜と魚に強い印象を受けました。値段もとってもお手頃。

日本酒のアテ!でもあり、和の料理!という感じ。おでんの出汁が大層おいしかった・・・

今回は頼みませんでしたが、炊き込みご飯が2合で1,300円という、3,4人のグループで来たら最高のパターンだったので、また再訪したいですね。

 

そして2軒目、こちらは日本酒の本などにも載っていて有名な

益や酒店さん。

onoさんの真正面。この2軒のハシゴは最高でした。

f:id:dego98:20160508121652j:plain

立ち飲み形式の席、カウンター席、ちょっとしたテーブル席と、一人でもグループでも楽しめるお店。聞く所に寄れば、女性も入りやすいお店を意識しているようで、実際女性比率も高かったです。お一人さん同士が意気投合しているところも見かけました。

f:id:dego98:20160508121645j:plain

日本酒は結構な頻度で入れ替えている益やさん。2週連続で来ましたが、ごろっとかわっていました。基本的に半合グラスで450円、1合850円と、こちらもお手軽価格。銘柄もそろっています。埼玉の花陽浴を京都で飲めるとは思わなかったのでたいそう驚きました。

f:id:dego98:20160508121651j:plain

 

この店がおもしろいのは、つきだしに日本酒が出るところですね。この日は滋賀県の大治郎のにごりが出てきました。

つきだし、食べ物もでるけど、食べ物の説明はなくて日本酒の説明があるってどういうことだ。好き。なんかふきと肉団子もらいました。

 

f:id:dego98:20160508121646j:plain

f:id:dego98:20160508121647j:plain

この店で是非頼んで欲しいのは「しばづけめかぶ」と「なめろう」400円ほどながら、良いボリュームで、一人用サイズ(-150円)も可能です。めかぶ美味すぎて初訪問時はおかわりしました。

f:id:dego98:20160508121648j:plain

 

ほどよくガヤガヤっとしていて、一人のお客さんもグループのお客さんも、気軽な立ち飲み屋気分で楽しんでいたのが印象的です。

 

最初のonoさんが、「少しかちっとした日本酒の店を、敷居低くした感じ」にした店で、益やさんは「ガヤガヤした立ち飲みの店を、ちょっとこざっぱりカジュアル」にしたお店

道路を挟んだ2つのお店、雰囲気は違えどどちらも美味しいアテと日本酒が楽しめました。オススメです。