DegoReco

でごのつづるレコメンド。レコード。おすすめと、記録。

感想

映画 「羊と鋼の森」を観てきました

豊かな自然の中、真摯さやひたむきさを食み育った作品 だなぁという感想。 hitsuji-hagane-movie.com 将来の夢を持っていなかった主人公・外村(山﨑賢人)は、 高校でピアノ調律師・板鳥(三浦友和)に出会う。彼が調律したその音に、 生まれ故郷と同じ森の…

ペンギン・ハイウェイと、夏の香りと、読み終えた当時の感想を

ペンギン・ハイウェイのアニメ映画版の公式サイトが開設しました。 penguin-highway.com 映画『ペンギン・ハイウェイ』 予告1 宇多田ヒカルさんが主題歌を歌い、蒼井優さんのお姉さんが、お姉さんがお姉さんで、ああああー(咽び泣く) ペンギン・ハイウェイ…

ジミな教師と変なオジサンが織りなすバンド漫画が激アツ!【SHIORI EXPERIENCE(シオリエクスペリエンス)】

シオリエクスペリエンス10巻が本当に良くて、思わず叫びそうになってしまった思いをブログに書こうとして書けないままでいたけれど、ゴールデンウィークに読み返して、やっぱり書こうとPCを開きました。 毎回新刊が一番アツい作品として、毎回発売を楽しみ…

グレイテスト・ショーマンを観てきた感想を書きたいけど書けなかった

映画「グレイテスト・ショーマン(THE GREATEST SHOWMAN)」を観てきました。 www.foxmovies-jp.com 結果として、終わった後に劇場版パンフレットを買い、サントラも買い、家では何周も聞き、口ずさみ、その夜脳内で演奏が止まずに寝付けなくなってしまうほ…

劇団四季 オペラ座の怪人を観てきた 〜金田一少年の呪縛と共に〜

劇団四季 オペラ座の怪人を観てきた。こういう感想を上手に表現することはできないが、とにかく圧倒された。 www.shiki.jp 歌劇という性質上、歌をメインに話が進んでいくのだが、その声量や歌声のきれいさ、迫力にぞぞっとすることが多かった。あれは科学的…

【読書】「抵抗勢力との向き合い方/榊巻亮」

抵抗勢力との向き合い方 作者: 榊巻亮 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2017/04/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る タイトルのインパクトから、「抵抗勢力をどう説き伏せるか」みたいな印象を持ってしまったが、全然違った。 『物事…

暖かく繊細な表現にそっと包まれながら、内から芽生える何かに気づける一冊。 本屋大賞2016受賞作 宮下奈都さん 「羊と鋼の森」

愛読し、応援している作家、宮下奈都さんの「羊と鋼の森」が、このたび本屋大賞を受賞しました ここ数年でメディアにも大きく取り上げられるようになっている本屋大賞。書店員が選ぶところがポイント。「選ぶ」というのは、各書店員の投票で選ばれるというこ…

キノベス2016 第一位 宮下奈都さん 「羊と鋼の森」

近年、書店員さんたち自身が「売りたい本」「読んでもらいたい本」を推薦して取り上げることが多くなっているように思います。 現場の店員さんからの発信というのは、出版社からの推し方とはまた違って面白い。 そんな中、紀伊國屋が展開するキノベスが発表…

「読みやすい小説」のオススメを求められたら

「結構小説を読むのが好き」という話になったときに「何かおすすめの本ある?」と返されることが多い。その返しにも大きく2つくらい分類があって・あまり小説を読まないのだけど、何かおすすめがあるなら聞いてみたい・自分も結構読むけれど、でごさんあな…

「気づき」で揺れる心を描く / 宮下奈都さん

「おもしろかった!」と膝を叩きたくなる小説もあれば、「うんうん。」としみじみ爽やかに読み終わる小説もある。 心をごりごりえぐられるような小説もあり、読み終わった後の衝撃でひっくり返る小説もある。 ストーリーに魅せられたりキャラクターに魅せら…